ただの かかし じゃない。

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 16:34

image0.jpeg
こんにちは!
私が住んでいる地域に、草刈り中のかかしが
出現しました!

かかし、進化してますよね!見つけた時、笑ってしまいました。


猿や猪、カラスなどから作物を守る為、
皆さん良く考えられます。

動物との闘いですが、作られた方の制作中、設置するときの

思いを勝手に想像すると、上手くできたな〜とか、どの場所に置こうかなどなど。

何だか、楽しんでされているイメージがわいて、見る人も、かかしが草刈りしてる!

上手にできてる!と何だか楽しい気持ちになります。




image0.jpeg

 

こちらは、宙に浮いた虎が3頭。

これを畑に設置しようと思って買われたんだ〜

 

これだけで、畑が賑やかに見えます。

効果があるのか、ないのか分からないけど、

何だか、見るだけで面白く楽しい気持ちになる、

ムキムキのオレンジの虎。

 

Cちゃんの過ごし方

  • 2020.07.09 Thursday
  • 13:35

 

5月末のお話です。ちょっと面白かったこと思い出したので。

 

週末Cちゃんが我が家に遊びに来ました。

Cちゃんは、私が描いた絵本ひろばに掲載中の

「みんなの おかあさん ありがとう」の英語版の翻訳を手伝ってくれた

お友達で、ドイツで生まれ、子供の頃にオーストラリアに移住、

数年前から日本で英語講師をしているお友達です。

Cちゃんはベジタリアンで、とてもナチュラルで穏やかな女性です。

Cちゃんは、私たちが住んでいるエリアはパワースポットですと言い、

ここに来ることをいつも喜んでくれています。

 

Cちゃんと一緒に昼食をとって、私が茶碗洗いなど、片付けをしている間、

Cちゃんに、「好きなように過ごしてね。」と伝えると、

Cちゃんは、ギター片手に外に出て行きました。

家の裏には大きな栗の木があり、その傍でギターを弾いて歌ったり、

畑仕事をしているおばあちゃんの姿や、山々の景色を静かに眺めていました。

それからCちゃんは畑エリアに移動し、しろつめ草の上に寝転がり帽子で

顔を覆っていました。

 

私はその様子を見て、地球とグラウディングしているな、と思い、

しばらく静かにそっとしておこうと、家で用事をしていました。

 

Cちゃんは、仕事で悩むことが多いようですが、うちに来ると悪いエネルギーを

放出できるといつも喜んでくれます。その後、田んぼの草取りを手伝ってくれ

たのですが、自然の中で過ごすことをとっても楽しんでくれるので、私も嬉しくなります。

夕食を一緒に楽しんでから、私はCちゃんをアパートまで送りとどけました。

 

それで、この続きのお話なのですが、翌日の事です。

 

私の姿を見かけた、近所のおばちゃんが、

「ちょっと、ちょっと、昨日、畑にあなたが倒れてると思って、

 おとうさん(旦那さんのこと)と心配してね。おとうさんが大丈夫か

 近くまで様子を見てくると、畑に行ったんだけど。

 おとうさんが、近くにいってみたら、あれは、マネキンやったと。

 だから大丈夫といって帰ってきたのよ。私は、あなたが倒れていたら

 大変と思ったけど、マネキンなら良かったと思ってね、安心した!」と言われたのです。

 

「おばちゃん、心配してもらってありがとうございます。

 でも、おばちゃん、マネキンじゃなくて、畑で横になってたの、私のお友達ですよ!

 草の上で寝っ転がると気持ちがいいから横になってただけです。 ご心配おかけしました。」

 

 というと、「お〜〜それかね!」と言って、おとうさんの間違いが可笑しくて

 おばちゃんと私は一緒になって笑いました。

 

Cちゃんは金髪で長身で、色白だから、こんな人はこの辺りに住んでいないし、

まさか畑で寝転がっていると思わないおとうさんは、すっかりマネキンだと

思ったのでしょうね。

 

 

私は救急車を呼ばれなくて良かった!!と思いました(笑)

 

 

 

とっく、お風呂場で発見!!

  • 2020.07.09 Thursday
  • 11:35

JUGEMテーマ:育児

 

7月7日、七夕の日の夜のお話です。

 

「おかーーさーーーん、ちょっときてーー!!」

お風呂場からとっくの叫び声が聞こえます。

夕食の支度をしていた私は、何事かと手を止め、お風呂場に向かいました。

 

とっく  「お母さん、かかと見て!!かかと!!」

 

私    「かかと? かかとがどうしたの?」

 

とっく  「お母さん、かかと、見えないの?」

 

私    「かかと、見えてるけど」

 

とっく  「そうじゃなくて、じゃ、うでは?」

 

私    「うで? 腕も見えてるけど・・・あ、気泡が付いてるね!」

 

とっく  「そういうことじゃなくて、やっぱりかかとが一番良く見える。凄い!!」


私    「・・・もしかして、オーラ?」

 

とっく  「そう!! かかとから黄色いオーラが見える!!それから、青と紫も」

 

そう言われ、なぜ、かかと?と思いつつも、視覚を合わせてみる。

 

私    「確かに、黄色がすごく明るく見えるね!」

 

 

私がオーラを見るようになって、2年ぐらいなので、とっくはもう見えるようになったんだー

早いなと思った出来事でした。母親がこんな感じだから、スピリチュアルな話は日常茶飯事、

こうなるのも仕方ないのでしょう。

 

私はオーラが見えるようになっても、人のオーラを見ることは殆どしません。

視覚を合わせると、ここにいないような、変な目になるので、見られる人は、

この人、大丈夫か?と気持ち悪がられそうなので(笑)

そして、むやみに見ようとすると、気分が悪くなる感じがします。

私もとっくと同じく、オーラを見るのはお風呂に入っている時。

とてもリラックスした状態の時に時々自分のオーラをチェックしています。

 

とっくは、黄色、青、紫でしたが、

私は黄色、黄緑、ピンク、紫が主に出てきます。昼間、仕事をしている時に

手の平で見るときは、アクアグリーンの色が出る事が多いです。

オーラは体調や心境によっても色々と変化しますが、私は、大体、同じような色です。

 

オーラは実際に見えていなくても、「あの人はオーラがあるよね」と良く言われるように、

皆さん、しっかりキャッチしていますよね。明るく、楽しく、人に親切に感謝して

生きていれば、オーラは常に輝いていますし、逆に、不平、不満、愚痴、泣き言、

感謝のない生き方をしていれば、オーラは内向きになり、存在感のない人に

なってしまします。

皆さんは、ご自分の個性を大切に、それぞれの色を輝かせて下さい。

 

 

 

 

初めまして!

  • 2020.07.07 Tuesday
  • 15:44

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

image7.jpeg

 

5月5日からこの家に住んでいる、
『ちこちゃん』またの名を、『ジョーンズ』
更にまたの名を、『にゃ〜〜こ』と申します。
宜しくお願い致します!

 

 


image0.jpeg

 

仰向けになると太陽が眩しいぜ!

 

 

 

振り返ってみれば 5月5日は家族が増えた日

  • 2020.07.02 Thursday
  • 11:00

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

令和2年5月5日、子供の日。この日、私たち家族は、庭で妹家族と友達1人と

プチキャンプをしていました。コロナで外出はしにくいし、でも、子供の日に

子供たちを楽しませてあげたくて計画しました。

お天気も良く、庭でわいわい過ごしていると、ガリガリに痩せて、ところどころ

毛が抜けた野良猫がやってきました。

自宅から3キロ圏内で時々見かけていた猫なのですが、以前、誰かに飼われて

いたのでしょう。恐る恐るですが、フラフラと私たちに近づいてきました。

きっとおなかが空いているのだろうと思いつつも、今まで猫を飼ったこともなく、

どちらかというと、我が家は犬派だったので、どうしたものかと様子を見ていました。

すると、娘のちっちが

「お母さん、クッキーあげていい?」と。

「・・・そうだね、おなかすいているみたいだから、あげてみる?」と言うと、

ちっちは喜んでクッキーを持ってきました。

猫はクッキーをむしゃむしゃと凄い勢いで食べ始めました。

クッキーを食べ終わるのを見届けたちっちは、

「ミルクもいるでしょ!」とせっせとカップにミルクを入れてきました。

それもあっという間に飲み干す姿を見て、ちっちが

「パンもあげていい?」と。まだまだおなかが空いているようで、というか、

今日、何も食べなかったら、この猫は亡くなっていたかもしれないと思うほど、

声はガラガラにかれ、毛並みも悪く、大きなノミが沢山ついていて、とても

可愛そうな状態だったのです。

その後、パンとミルクもあげ、猫をかっている友達が、

全てのノミを丁寧に取ってくれました。

 

5月5日の子供の日から、この猫は我が家から離れなくなりました。

 

ちっちはこの猫をうちで飼いたい!!と言い、息子のとっくは、動物を飼って良い

んだったらなら、僕は柴犬が飼いたい!とそれぞれ主張していました。

主人は若い頃、猫アレルギーになったことがあり、またアレルギーがでるかも

しれない不安がありました。

私は小さい頃に野良猫を可愛がっていたことはあったものの、これまで

猫にはあまり関心がなかったのです。

うちの家にはセキセイインコのリッチュがいるから、家の中では飼えないし・・・。

 

それでもちっちは、外で飼うのでいいから、お世話するから飼いたいと言ってきます。

私は猫好きではなかったものの、何か意味があって、この猫はこのタイミングでうちに

来たような気がし、主人と相談した上で、ちっちが主にお世話が出来るのなら、

飼うようにしようということになりました。

 

では、名前は何にする?

 

ちっちと私は 「ちこちゃん」 と呼ぶことにしました。

 

ちこちゃんに納得がいかなかった主人は元野良猫ということで、

歌手の ノラ ジョーンズ から名前を頂き、「ジョーンズ」 と呼び始めました。

 

ちこちゃんも、ジョーンズにも納得のいかなかったとっくは、

「にゃ〜〜こ」 と呼ぶようになりました。

 

初めは、ちこちゃんにとったら、迷惑なんじゃない?? と思っていたけれど、

全ての名前に反応する様子を見ると、3種類の名前を付けられたことを理解しているのか、

可愛がってくれるんだったら、呼び方はどうでも良いのか、

「全くお構いなく!」といった感じです。

それぞれがしっくりくる呼び方で呼べば良いじゃない、というのも、

我が家らしくて良いのかもしれないと思う今日この頃です。

 

そして、猫って、こんなに愛らしく可愛い生き物だったのですね!!

仕事から帰ってきて、ちこちゃんがさすって!!さすって!!と

大の字に寝っ転がる姿、デッキに横になり爆睡している姿、玄関前で

ちっちが帰ってくるのを今か今かと待っている姿に癒される毎日です。

 

犬派のとっくも、

「お母さん、にゃ〜〜こ、すごく可愛いね!! 

 僕は猫がこんなに可愛いと思うようになるとは思わなかったよ!!」

 

 

「お母さんもよ!!」

 

 

 

 

6月21日 夏至の日の一日

  • 2020.06.25 Thursday
  • 12:49

image6.jpeg

 

6月21日は新月の夏至の日でしたね。
地球が銀河のセントラルサンに最も近づく日と言うことで、

私は朝から何だかワクワクとしていました。
そして、夏至は昼間の時間帯が一番長い日。
朝から太陽のパワーが凄かったです。朝日をしっかり浴びよと、

朝食を済ませると、私は田んぼでの除草作業をすることにしました。

自然栽培でのお米作りは7年目になります。毎年この時期は雑草取りに多くの時間を費やします。

周囲の方々から、『大変でしょ!』と言われることがありますが、田んぼでは、

普段見れない光景を見る事が出来、鳥の歌声や自然の音、爽やかな風、

優しいエネルギーを感じられるので、私にとっては癒しの時間でもあります。
無農薬の田んぼには様々な生き物を見かけることができ、21日は、

稲に止まったヤゴが脱皮している姿を2回見る事が出来ました。

脱皮したてのトンボの羽はとても薄く透明で、そっと飛びたってみる様子が

とても可愛らしかったです。

親から教えてもらうわけでもなく、誰かからお手本を見せてもらうことも、

サポートを受けることもなく飛びたっていく姿に頼もしさも感じました。

 

燦々と降り注ぐ太陽の光を浴びて、大満足した私はお昼に家に戻り、

夕方からは子供達と日食観測を楽しみました。

日食中の太陽を撮影↑してみました。太陽が欠けて見えるの、全く分かりませんが(笑)

私が山間部に住んでいることは伝えられる写真ですね。


夜はゆっくりお風呂に浸かった後、瞑想の時間を持ちました。

地球が優しい光に包まれ、地球に住む人々の意識が目覚め、

明るい未来へ進んでいくイメージを描きました。

6月21日、夏至の日、とっても素敵な日になりました。

さて、これからもう一つ、新しい事に挑戦してみようと思います。

 

 

 

サプライズなお知らせ!

  • 2020.06.17 Wednesday
  • 16:19

JUGEMテーマ:日記・一般

 

6月15日、私は夕方、田んぼでの除草作業をしていました。

自然栽培でのお米作りを始めて7年になります。田植え後から

7月中旬ぐらいまで、地道な除草作業をする期間ですが、

無農薬、無肥料の田んぼでの作業は心地よい時間でもあります。

 

今日はお天気が良く空気も澄んでいて、気持ちよく除草作業に

取り組んでいました。そして、19時前後だったと思います。

地面ばかり見ていましたが、水に映るオレンジ色が目に入り空を見上げると

今までに見たことのないような、美しい景色が広がっていました。

優しいオレンジ色に染まった雲は、天使の羽のようで扇状に広がっていました。

雲のない空の色は真っ青でそのコントラストがまた美しく、圧巻の景色でした!!

私は、あまりの美しさに、虫よけの黒いネットを被っていたのですが、

それをさっさと取り外し、5分間ぐらい、ずっと空を見上げていました。

カメラを取りに帰ろうかと思ったのですが、この光景から目を逸らすのが

もったいなくて、田んぼにじっと立ったまま夕日が薄れていくまで

堪能しました。

 

こんな素敵な景色が見れるなんて、なんだか良いことがありそうだな。

 

そんな事を思っていた翌日、

 

12歳年下の弟が結婚すると連絡がありました!!

 

お相手は京都出身の方との事、6月26日に彼女と一緒に実家に帰ると

連絡があったんです!!もう、とっても嬉しくて、弟は結婚願望がないのでは

ないかと勝手に思っていたので、驚きと感動で胸が一杯になりました。

やっぱり素敵な事が起こった!!こんな日の太陽の光はきっと綺麗なはず。

そう思った私は、夕方仕事が終わって、光の写真を撮ってみました。↓

 

やっぱり綺麗なピンク色!! 弟の結婚を祝福して下さってると

嬉しく感じました。 

 

なんて素敵な日なんでしょう。 全てに ありがとうございます。

 

 

 

image1.jpeg
 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

日本人が生産している話題のチアシード

美容と健康にグラパラリーフ

美味しい!!本場イタリア仕込み&季節の素材を使ったジェラード!!

素敵なキッチン・インテリア雑貨

ポップでかわいいアメリカの食器や和陶器がお手頃価格で購入出来ます!

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM