息子からのアドバイス お母さんは惜しい!!

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 14:00

JUGEMテーマ:育児

 

皆さん、こんにちは! 今日は育児ではなく育親のお話です。

早いもので息子のとっくは小学6年生。なかなかしっかりしてきました。

先日、とっくと娘のちっちと一緒におやつを食べながら学校での話を聞いていました。

その日の話題はK君について。

 

とっく   「K君はすごいよ。仏って感じ。」

 

ちっち   「そうそう、優しい、仏って感じ。」

 

     「確かに、落ち着いているし、仏って感じだね。」

 

とっく   「とにかく、K君がすごいところは、心が乱れない、怒らない。

       誰かがケンカしてる時の仲裁が完ぺき。」

 

     「へ〜〜 どんなふうに仲裁をするの?」

 

とっく   「例えば僕とちっちがケンカをした時、そっと間に入って、

 

       ”まーまー 落ち着いて。兄弟でケンカをするのは良くないですよ”

     

       って、穏やかにケンカを辞めさせる。」

 

     「へ〜 なるほど。それで、二人はケンカを辞めるの?」

 

とっくちっち  「やめる」

 

     「それは凄いね!」

 

とっく   「そうなんよ。それで、お母さんはね、良いんだよ、良いんだけどね、

                    ちょっと惜しい!!」

 

     「気を遣ってくれてるみたいだけど、どう惜しいか教えて。」

 

とっく   「腹を立ててケンカしてる僕らに影響される。だから、お母さんも腹が立ってきて

       その状態で怒るから惜しい。僕たちに影響されないで、穏やかに止めれたら

                     良い。」

 

     「なるほどね。確かに・・・ っていうか、ケンカしないでよ!!」

 

 

と,その場ではそうつっこんでみたものの、とっくの言いたいことは良く理解できたし、

周囲の感情に振り回されない平常心を保つ事は大切だよね、と納得。

その後、意識して、怒って辞めさせるのではなくて、K君を見習って、穏やかな状態で仲裁に

入るようにしてみました。すると、これがかなかな心地いい。子供たちの白熱したエネルギーが

すーーっと引くような状態になるんです。私は仏というより、母という立場上、

”私はマリア”と勝手に都合よく穏やかな心境を作ってみる。そして兄弟ケンカに対処すると怒りの

エネルギーに負けることなく仲裁に入れるようになったのです!!

 

息子から、お母さんは惜しい!!と言われ、良い事に気づかせてもらい感謝しました。

 

世の中のお母さん方も、ストレスがたまると余計に、子供たちに大きな声を上げて

怒ってしまうと思います。しかし、怒りのエネルギーが怒りのエネルギーを呼び、

また大きくなって怒りが生まれる循環になっていたりします。

”私はマリア” の心境はそんなエネルギーの変換の助けになってくれるかもしれませんね。

都合よく自分の心をコントロールし、出来るだけ穏やかに過ごせると良いですね。

私も子供達から惜しいお母さんじゃなく、さすがお母さん!と言われるように精進していきたいと

思っています。

 

お母さん方、一緒に頑張りましょう。

 

 

言霊に気を付けて!!

  • 2020.05.07 Thursday
  • 18:02

JUGEMテーマ:育児

 

新型コロナウィルスによって、学校は休校。とっくはゲームの腕を上げるべく、

プロコントローラーが欲しいと言ってきました。

仲の良いお友達も持っていて、それがあると、フォートナイトをするのに

戦いやすいとのこと。

休校続きで、子供たちはお出かけも出来ず、その分出費が抑えられていることもあって

主人と話し合って買ってあげることにしました。

 

さて、でもどのタイプの物を買うか。主人は子供のゲームに使うのに、ニンテンドーの

正規品でなくても良いのでは、と言ってきました。

ニンテンドーの正規品の半額ぐらいで良さそうな物があると言いうのですが、

 

 「こうやって安いのを買って、結局すぐに壊れて、やっぱり正規品じゃないとダメか〜

   ってなって、正規品を買う。それで、結局高い買い物になるんだよね。」

    

そう主人と息子の前で自分の意見を伝えましました。

 

  「でも、お母さんは良く分からないから、正規品でなくても、十分!と思えば良いんじゃない?

    お任せしまーす」

 

と主人に頼んで夕食作りを始めました。

 

結局、2人は話し合い、初めに主人が言った通り、正規品でないものを安く購入し、浮いたお金で

フォートナイトのアイテムを買うようにしたとのこと。

 

 

そして、プロコントローラーが我が家に届いて、1か月もしない内に、プロコントローラが

壊れたと聞かされました。

 

  「ほらね、やっぱりすぐに壊れた。お母さんの言った通り!」 と自信満々に言ったのです。

 

すると、

 

息子  「ほらね! じゃない!! お母さんのせいだからね。 プロコンを買う時、

     お母さんがすぐに壊れるって言ったから、その通りになったんだからね!!反省してよ!!」

 

   「・・・・・・。 あ〜〜 そういう事。 

     じゃ、お母さんが、正規品でなくても、しっかりしてて、十分もつから大丈夫!! 

     とか言ってたら良かったってこと?」

 

息子  「そういうこと!! 大抵、お母さんの言うとおりになるから、気を付けてよ!!

     本当に、こんなに早く壊れると思わなかったよ。」

 

 

   「はい。すみませんでした。」

 

 

4月18日のとっくの夢

  • 2020.04.18 Saturday
  • 14:39

JUGEMテーマ:育児

 

こんにちは! 今朝、ちょっと面白いことがありました。

 

まず、娘のちっちが起きて、リビングにやってきました。

ちっちは今朝、特に髪の毛がボサボサになっていて、起きてきてからも

ソファーでゴロンと横になっていました。

 

そして、1分もしない内に息子のとっくが起きてきたのですが、

何だか、キョロキョロしています。

 

朝食の準備が出来て、朝ごはんを食べさせた後、

とっくが話し始めました。

 

とっく  「お母さん、僕は今日、弟が生まれた夢をみたよ!」

 

    「へ〜〜そうなんだ。弟は可愛かった?」

 

とっく  「すっごく可愛かった!! それに、凄く賢こかった!!」

 

    「どんな風に賢かったの?」

 

とっく  「お父さんとお母さんが、赤ちゃんが生まれたから、大きな車を買って、

      その車の中にテントを建てようとしたんだけど、テントの張り方が

      分からなくて、困ってたんだよ。そしたら、赤ちゃんがテントに付いていた

      ボタンを何ヵ所か押したら、一瞬にしてテントが完成した。

      お父さんも、お母さんも驚いてたよ。

      そして、お母さんは嬉しそうに、テントに入って、赤ちゃんとゆっくり

                  過ごしてたよ。」

 

    「え〜〜 それは良いね! それに、赤ちゃんがテントの張り方を知ってるって

      凄いね。未来から来たみたい。

      それにしても、車にテントを張れるって面白いよね。広い空間があるって

      ことよね?」

 

とっく  「そう、白い車なんだけど、中に入ると凄く広くて、ゆっくりくつろげる」

 

    「キャンピングカーより良いよね! そんな車があると赤ちゃんと一緒に

      皆で楽しめるね」

 

とっく  「そう、それで僕は朝起きた時、本当かと思ってて、可愛い弟がリビングに

      いるかもしれないと思って、楽しみにリビングに来た」

 

 

    「ほう、そしたら?」

 

 

とっく  「ぶさいくな妹しかいなかった」

 

 

ちっち  「・・・・・・はぁ〜〜!!??」

 

新型コロナウィルス 子供の心は?

  • 2020.04.10 Friday
  • 17:08

JUGEMテーマ:育児

 

新型コロナウィルス、日増しに感染者が増えています。

新学期、学校が休校になっているところと、通常通り

始まったところと別れていますが、私の子供達の小学校は

通常通り始まりました。

約1か月前よりも状況は悪化していますが、校区周辺のエリアでは

感染者が出ていないからとの判断だと思います。

約1か月、お弁当を4人分つくることに、ちょっと疲れが出ていたので、

しばしの休憩をさせて頂いているところです。

 

子供たちの現在の様子ですが、マスクに対するストレスは少し

感じているようすですが、これといった変化は見受けられません。

現在、世界で起きていることは、伝えたり、一緒にニュースを見る

こともありますが、まだ精神的な面で影響は出ていない様子です。

 

娘のちっちは、毎朝、ベットからフラフラ目をこすりながら出てきて、

トイレに向かいます。そして、便座に座ったと同時に(たぶん)

唄を歌い始めます。かなり元気な歌声を聞き、「今日もよし!」と

私は思います。

 

息子は長い春休み中、新たな夢が出来たようです。

プロゲーマーになって世界を目指すと。

宿題をさっさと終わらせては、トレーニングをしなくては、と

毎日、本当にまじめに取り組んでいます。

このトレーニングも、きっと何かの役にたつのでしょうねと

思っています。

 

ありがたいことに、我が家は山の中にあり、家の外に出ても人がいません。

室内で過ごすことに飽きれば、子供たちは、外で自転車を乗り回したり、

縄跳びをしたり、バドミントンをしたりして遊ぶこともできます。

親が不安に思ったり、恐怖を感じ、子供達にも波及するような

事がないように気を付けているので、普通に生活できています。

 

昨夜、ちっちが夜中に目を覚まし、おしっこに行きたいから、お母さん

ついてきてと起こされました。

一緒にトイレについていき、再びベットに入ると、あっという間に

ちっちから寝息が聞こえてきました。ちっちの頭をなでながら、

「元気に過ごすんだよ」

と心の中で思った次の瞬間、ちっちが可愛い音で返事をしてきました。

 

「プッ} プッ}」

 

やっぱり、ちっちは面白いな〜とにんまりしながら、私も眠りにつきました。

 

子供たちがずっと穏やかに過ごせますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちっちからの質問

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 19:03

JUGEMテーマ:育児

 

先日のことです。私は仕事帰りに、児童クラブにちっちを迎えに行きました。

帰りの車内で、突然、ちっちが質問してきました。

 

 

ちっち  「お母さん、家族全員のお金を合わせたら、1兆円ある?」

 

    「えっっ! 1兆円はないね。」

 

ちっち  「1兆円ぐらいはあるでしょ〜」

 

    「いやいや、無いって、というか、ねぇ、家族ってどこまでの範囲を言ってる?」

 

ちっち  「お父さんと、お母さんと、お兄ちゃんと私。」

 

    「やっぱり。 それなら、残念ですが、1兆円は確実にございません。」

 

ちっち  「えっ!そうなん。1兆円、ないんだ。1兆円ぐらい、あると思ってた」

 

とがっかりした様子。

 

 

 

家にかえるなり、ちっちが自分のお財布を持ってきて、テーブルに

小銭をばらまき、数え始めました。

 

ちっち  「お母さん、凄いよ! 私のお財布に1,309円もあった! 

      お母さん、凄くない!? 

      やっぱり家族皆のお金を合わせたら1兆円あるでしょ?」

 

私    「あの〜 ちっちさん、例えば、1万円を重ねていって、

      1兆円ってどれくらいになると思う?

 

ちっち  「これくらい!」

      指を鉄砲の形にして私に見せた。

 

    「これくらいってことは・・・ちっちの親指の付け根から

      人差し指までの長さってこと?」

 

ちっち  「そう、これくらい!」

      カッコいいポーズを決めている。

 

    「ってことは、6センチぐらいね。ちっち、1兆ってね・・・」

 

数字の説明を始める私。じっくり聞いていたちっち。聴き終えたちっちが一言。

 

ちっち  「1兆って やばっ!!」

 

    「理解できて良かったよ。」

 

 

 

      

娘がお手紙で伝えたかったお話

  • 2019.12.09 Monday
  • 17:06

JUGEMテーマ:育児

 

先日、娘のちっちからお手紙をもらいました。

 

子供達からはいつも、母の日やお誕生日にお手紙をもらいます。

内容は「ご飯を作ってくれてありがとう」

「洗濯やいろいろなお世話をしてくれてありがとう」

「仕事を頑張ってくれてありがとう」などなど、感謝の気持ちを伝えて

くれています。

 

今回のちっちからのお手紙は、急に思いついて書いてみました!

といった感じでした。

何が書かれているのだろう?と楽しみに手紙を開きました。

 

 

おはなしになっています。

Aくんがこう言っていました。

Bくんはちっちのことがすきなんだよと。

 

Bくんはへんたいです。Aくんがうんちをしていたとき、

まどからのぞいていました。 へんたいです。

 

ちっちより♡

 

 

眠る前のケンカは注意!!

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 10:13

JUGEMテーマ:育児

 

こんにちは! もう12月。早いですね。

昨夜のお話です。

 

就寝の為、私はとっくとっちっちとベットに入ったのですが、

些細な事で、二人が口ゲンカを始めました。結構な勢いで

お互い文句を言いあい、エスカレートする一方。

私は、布団に入り、リラックスした状態でゆっくり休みたいのに、

それどころではなく、しばらく黙って聞いていましたが。

 

「眠る前にケンカしないよ。寝る前に腹を立ててたら、良い夢が見れないよ」

 

と伝えると、とっくが「別に良い夢見れなくてもいいもん!」と言いました。

 

「そう、でも、お母さんは良い夢がみたいから、そろそろケンカはやめてくれる?」と

お願いしました。

 

そんな話をしている間に、ちっちから寝息が、ケンカして疲れたのか、

ケンカに仲裁が入った途端、眠った様子。

 

一方、とっくはまだ、ちっちが悪い!とプリプリした様子。

 

しばらくして、とっくからも寝息が聞こえ、やれやれと思った瞬間、

とっくが急に、ビックン!!となって、思いっきりベットの横の壁に足をぶつけたのです!

「びっくりした!!」ととっくが目を覚ましたので、私も驚いて、

「どうしたの?何が起きたの?」と尋ねると・・・

 

 

 

「観覧車のてっぺんから、ちっちに落とされた」

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

日本人が生産している話題のチアシード

美容と健康にグラパラリーフ

美味しい!!本場イタリア仕込み&季節の素材を使ったジェラード!!

素敵なキッチン・インテリア雑貨

ポップでかわいいアメリカの食器や和陶器がお手頃価格で購入出来ます!

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM