12月22日 冬至

  • 2017.12.23 Saturday
  • 11:19
こんにちは!Kayoです。
昨日は冬至でしたね。冬至とは、太陽の天球上の運行経路である黄道上のもっとも南にある点を冬至点といい、太陽がこの点を通過する時刻が冬至になります。今年、一番昼の長さが最も短く、夜が一番長いひが12月22日だったんですね。
昨日が冬至ということを、分かっていなかった私に近所のKさんが
「今日、もうカボチャを煮ましたか?もし、カボチャがなかったらあげますよ。」とわざわざ電話をしてきて下さったのです。
私は初め、どうして?かぼちゃ?と思ったのですが、
「カボチャは煮てないです!」と煮ていないことを正直に伝えると、
Kさんが「冬至だから、子供さんにもカボチャ、食べさせてあげて、持っていくから!」とのこと。そこで、あ!今日は冬至なんだーと、かぼちゃや、「ん」の付く野菜を食べると良いとか、コンニャクを食べると良いとか、ゆず湯に入ると良いとかっていう日ね!と気付かせてもらったのです。
早速、カボチャを頂き、今夜のメニューに使おうとキッチンに立つと、
「ピンポーーーン」とチャイムがなりました。玄関に行くと、近所のHさんがカボチャを抱えて立っていました。「今日は冬至だから、もっと早く持ってきてあげたら良かったんだけど、私さっき気が付いて。遅くなってごめんね。」とHさんが育てた立派なカボチャを手渡して下さいました。
本当に有り難いことです。近所の方々に良くして頂いて、伝統行事を忘れずに子供たちに伝えられて、凄く幸せな気持ちになりました。
十分な量のカボチャを頂き、昨夜はカボチャのクリームシチューとカボチャのバター焼きを作りました。
煮つけは子供たちがあまり食べてくれないので、子供が喜ぶ料理にして、たっぷり頂きました。それから、神社で拾った銀杏も頂き、お風呂には柚子を浮かべてゆず湯を楽しみました。
すっかり長湯になったのですが、私が娘のちっち(6歳)に、「もう上がるね」と先にお風呂から出ようとすると、
「こんなにいい香りの気持ちのいいお風呂、もうあがるなんて、信じられない!」と言い、ちっちは、さらに15分ぐらい長く入り、お風呂の蓋を閉める時に、
「柚子さん、ありがとう。気持ちよかったよ。もう、わたち、のぼせて限界、ごめんね。またね。」と湯に浮かぶ柚子に声を掛けてから蓋を閉めていました。脱衣所にいた私は可愛いな〜と聞き耳を立てていました。
ちっちが脱衣所に入ってくると、確かに限界を迎えてて、ゆでだこ状態でした(笑)
でも、ゆず湯は気持ちよかった〜〜と大満足でした。これからの厳しい寒さにも負けないで元気に過ごせそうです。近所の方々のご厚意、思い、温かい食事にお風呂、ゆずの香り、感謝の気持ちで一杯になった日でした。日本の伝統行事、忘れないよーーーに、大切にして、子供達にも伝えていきたいです。

JUGEMテーマ:日記・一般

image1.jpeg

スポンサーサイト

  • 2020.09.09 Wednesday
  • 11:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    日本人が生産している話題のチアシード

    美容と健康にグラパラリーフ

    美味しい!!本場イタリア仕込み&季節の素材を使ったジェラード!!

    素敵なキッチン・インテリア雑貨

    ポップでかわいいアメリカの食器や和陶器がお手頃価格で購入出来ます!

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM