ウンカの被害が凄い!

  • 2020.09.04 Friday
  • 14:33

image1.jpeg

 

私の住む地域は、美味しいお米がとれると、稲作に取り組まれる方々が多いのですが、

この土地に移住して10年、こんな酷い光景を見たのは初めてです。
始めは、1箇所、サークル状に稲が倒れているな、と思って見ていると、数日後には、

広範囲に広がり、稲は茎から穂の先まで、栄養を全て吸い取られたのか、茶色に変色し、

バッタリ倒れてしまいます。車を運転しながら、ここも、あそこもと、広範囲に広がる

被害に心が痛みます。
皆さん、3月から、水路に水を通す為の溝上げに始まり、汗水ながして草刈りや田んぼの

管理をされて、収穫目前にしてのウンカ被害にあうことは、とても辛いことです。

アフリカや中東、南米など、サバクトビバッタの被害が深刻ですが、

西日本では、これだけのウンカ被害が出るとは思いませんでした。
ウンカは、長距離を飛行する事は出来ませんが、梅雨の時期に東シナ海で発生する

南西風に運ばれて、中国南部から九州に到達するそうです。

九州に到達したウンカが繁殖し、他の地域へと被害を広げていくようです。

これから、台風10号も接近してきます。これ以上、大きな被害がでませんように!
そして、日本人に欠かせないお米が不足することのないようにと願うばかりです。

写真↑は、我が家の田んぼのすぐ近くの田んぼの様子です。

 




image2.jpeg
ご近所の田んぼの被害が凄いので、油断できないのですが、

皆さんが不思議がられている我が家の田んぼです。(自然栽培)↑

今のところ、ウンカの被害にあわず、台風9号の風にも負けず、頑張ってくれています。
化学肥料を使用しないので、可愛らしい穂がついているものの、ずっしり実っていない為、

倒れにくいのです。そして、農薬も一切使用していない為、雑草、特に我が家はヒエを早い時期に

地道に除草するのですが、水草や、コナギが取りきれず、(5月〜7月まで出来るだけ頑張って採るのですが)

8月には田んぼ一面に繁殖している状況です。

一般的には、農薬を使わないのだから、カメムシやウンカの被害が1番に出そうですが、

実際は、年々害虫の被害が無くなってきています。

我が家の田んぼを気に入ってくれている、他の多くの生き物達が、仲良く共存しているからでしょうか?

誰かが独占しないような調和が生まれていたら嬉しいなと思います。
また、土本来の力がついてきているのかもしれませんし、良く分からない自然の力が働いてくれているのかもしれません。

自然の全ての力、恵に感謝し、収穫の日を静かに待ちたいと思います。

スポンサーサイト

  • 2020.09.09 Wednesday
  • 14:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    日本人が生産している話題のチアシード

    美容と健康にグラパラリーフ

    美味しい!!本場イタリア仕込み&季節の素材を使ったジェラード!!

    素敵なキッチン・インテリア雑貨

    ポップでかわいいアメリカの食器や和陶器がお手頃価格で購入出来ます!

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM